新着情報

RSS
2017/10/21
ヒートショック対策は万全ですか?
こんにちは!『かなでの杜世田谷』です。

早いもので、あと数日で11月になってしまいますね。
秋をゆっくり楽しむ間もなく冬支度の気配を感じてきました。

皆さんは、寒くなるとゆっくり湯船に浸かって、心身ともにリラックスしたいと思いますよね。
そんな時、脱衣所と浴室の温度の差に「うっ、寒い」と感じたことはありませんか?

かなでの杜世田谷では、寒暖差による急激な血圧変動に伴う脳卒中等の諸症状
ヒートショック対策が必要と考えています。
皆様ご存知の通り、入浴中の事故は高齢者のご利用者の方にとって最も注意すべきことのひとつです。
東京都23区内、過去10年間の月別高齢者の入浴中の事故死について
7月~9月の夏季と12月~2月の冬季を比較してみると、件数は明らかに冬季に多くなっておりその差5.5倍!
そして毎年1月に事故件数はピークを迎えます。
このことからも在宅サービスにおいては夏の脱水熱中症同様に冬においても季節ごとの安全対策が必要になる事がわかります。

 そこで、かなでの杜世田谷では、
事故が増える冬季のみ限定でご利用いただくことをご提案させて頂きます。
「自分で入浴しているけれど、一人で入ってもし事故がおきたら・・・」
といった不安をお持ちの独居ご利用者
「脱衣所に暖房が使えず寒い」
「浴室が広くて寒い」
といった環境的に不安のある方など、
幅広い入浴に対するニーズにお応えすることが可能です。

バイタルチャックを実施し、健康状態を確認したうえで、
デイルーム、脱衣所、浴室内を一定の温度に保った安全な環境でのご入浴をお勧め致します。
短期でご利用いただいたのち継続希望ももちろん歓迎いたします。
毎年恒例で冬季のみ利用というのも良いと思います。
是非、安心して住み慣れたご自宅での生活を継続して頂く為に、
かなでの杜世田谷のデイサービスをご利用いただけましたら幸いです。
2017/10/16
HCR 国際福祉機器展に行ってきました。
こんにちは。かなでの杜成田の宮下です。

いつもかなでの杜のホームページをご覧いただいてありがとうございます。

平成29年9月27日(水)~29日(金)東京ビックサイトで開催していた、HCR国際福祉機器展に行ってきました。

全国の福祉機器が一堂に集まる年に一度のお祭りです。台湾や韓国のブースも有りました。車椅子や介護用ベッド、歩行器などの最新の物や、運動機器、マシンなどもたくさん置いてありました。それぞれ体験もできたので、一部ご報告いたします。

移乗用のリフトに初めて乗ってみました。車椅子や歩行器、ベッドなどは当事業所でも体験する事は出来るのですが、移乗用リフトを実際に体験するのは初めてでした。

ベッドに寝た状態からシートを体の下に敷き込むために、寝た状態で体を右左に向けられると、ベッドの右端、左端に体が向いてしまうので、スタッフがベッドサイドに居て介助してくれていても、落ちてしまうのではないかと思ってしまいますね。

リフトに吊られている時は結構揺れるので、怖かったです。実際に体が不自由なご利用者様であればもっと怖いだろうなと思いました。機器としては安全で、最新の物でありますから、身体の下に敷き込むシートやリフト自体も丈夫で介助する人にとっても使いやすい物でした。

以上、HCR国際福祉機器展のご報告でした。
これからも、かなでの杜成田をよろしくお願いいたします。

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

介護にまつわるご相談はお気軽にお問合せください。
TEL:0476-37-5574


介護の窓口「かなでの杜」URL:http://www.kanadeno-mori.com

介護リフォーム「かなでの杜」URL:http://www.kanadeno-reform.com/