サービス案内

居宅介護支援について

日々、ご自宅で介護をされている中で、「デイサービスを活用したい」「ベッドや車いすのレンタルをしたい」「家族が外出するときだけ預かってもらいたい」といったお悩みをを抱えていらっしゃる方も少なくないでしょう。もしも「どうすれば良いのかわからない…」「そもそも介護保険って何?」とお困りの方は、ぜひ弊社にご相談ください。ケアマネジャーが介護保険の認定申請や色々なサービスの事業者との連絡調整など、ご利用者様やご家族様が安心して毎日を過ごすためのお手伝いをさせていただきます。

サービス内容

ケアプラン作成

介護サービスを受ける上で必要になるのが、ケアプランです。ケアマネジャーが利用者様の心身の状態や生活環境を調査・把握した上で、どういったサービスが必要なのかを判断して作成します。なお、ケアプラン作成に関しては、費用は発生いたしませんのでご安心ください。

ケアプラン作成の流れ

1. 居宅介護支援事業所のケアマネジャーによるアセスメントを受けます。

まずはケアマネジャーが利用者様の元へと伺い、利用者様の心身の状態や生活環境などを調査いたします。また、利用者様にも色々とご質問させていただきながら、日々の生活の中での課題などを分析していきます。

2. ケアプランの原案が作成され、サービス担当者による会議が行われます。

ケアマネジャーによって作成されたケアプランの原案を元に、サービスを提供する担当者を集めて会議を行います。利用者様の状況や生活環境から、どういったプランが適切なのかを絞り込んでいきます。

3. ケアマネジャーから説明を受け、同意をすれば正式にケアプラン作成となります。

ケアプランの原案を元に、サービス担当者による会議の中で検討が重ねられたプラン内容を、利用者様とご家族様にご説明いたします。その内容にご同意いただければ、正式にケアプラン作成へ取りかかります。具体的なサービスの種類や回数などを決め、サービス開始となります。

ケアプランの作成にあたって、利用者負担はありません!

要介護認定申請代行サービス

要介護認定申請代行サービスも承っております。

介護サービスを受けるためには、要介護認定を受ける必要があります。とはいえ、認定を受けるための申請手続きは煩雑なものも多く、それを理由に躊躇されている方も少なくありません。そこで『かなでの杜 成田』ではそうした申請手続きの代行業務も行っております。

要介護認定の申請からサービスご利用までの流れ

1. 利用者

「要介護認定を受けたいけど、申請手続きが煩雑で、何をすれば良いのかわからない…」という方は、まずは弊社にご相談ください。弊社にて申請代行を行います。

2. かなでの杜 成田(居宅介護支援事業所)にて

利用者様からご依頼をいただきましたら、弊社より各市区町村の介護福祉申請窓口に出向き、申請を行います。利用者様が煩雑な手続きをする必要は一切ありませんので、ご安心ください。

3. 申請の後は…

申請が受理されると、市区町村の職員や市区町村から委託を受けた介護支援専門員が利用者様の元へ訪問し、心身の状態などを伺います。また、主治医に対しては、「主治医意見書」の作成を依頼。その後、調査の結果を元に『介護認定審査会』が開かれ、判定されます。結果によって、要介護・要支援認定がなされ、新しい被保険者証が送付されます。
要介護認定1~5と認定された方はこの時点でケアプラン作成を行い、サービスの利用が開始されます。